ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

システム開発を行っているときにダミーのデータが欲しくなることは多々あります。そんな時に本番データをコピーして使うのは大きな問題につながる可能性があるので決してしてはいけません。電話番号やメールアドレスなどを置き換える作業が逆に手間になる場合もあります。

そこで使ってみたいのがダミーデータのジェネレータです。今回はPython製のfake2dbを紹介します。

fake2dbの使い方

fake2dbはSQLite、PostgreSQL、MySQLそしてMongoDBに対応しています。インストールはpipでできます。

pip install fake2db

インストールしたらfake2dbコマンドでデータベースに直接データを流し込めます。

fake2db --rows 200 --db sqlite # SQLiteの場合
fake2db --rows 1500 --db postgresql --name test_database_postgre # PostgreSQLかつデータベース指定

生成されたデータベースです。
生成されたデータベースです。

テーブル名は、

  • companies

  • customer

  • detailed_registration

  • simple_registration

  • user_agent

となっています。カラムはid、name、sdate、email、domainなどとなっています。英語名のみですが、ダミーデータであれば十分ではないでしょうか。またテーブル名やカラム名はカスタマイズしても良いでしょう。

fake2dbはPython製、GPLのオープンソース・ソフトウェアです。

emirozer/fake2db

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2