ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

日本の場合、あまりCaps Lockを使いません。カタカナだけをずっと入力する場合は使うかも知れませんが、あまり機会は多くないでしょう。むしろ間違って触れてしまって入力が大文字やカタカナになってストレスを感じる方が多いと思います。

そんな嫌われがちなCaps Lockですが、有効にすると光るLEDを持っているという特徴があります。それを活かしたソフトウェアがMacLightです。

MacLightの使い方

実行しているところを動画にしてみました。

点滅しているのが分かるでしょうか。MacLightがCaps Lockの有効、無効を切り替えてLEDを点滅させています。

インストールはRubygemsを使って行います。

$ gem install maclight

コマンドは次のようになっています。

$ maclight --help

Usage: maclight <command>

MacLight v1.0.0 - LED control utility

Options:
   --version:   Print version and exit
  --help, -h:   Show this message

Commands:
   keyboard   Control keyboard LEDs

さらにkeyboadについてはこのようになります。

$ maclight keyboard blink

Usage: maclight keyboard blink <sequence>

Blink keyboard LEDs (capslock, numlock)

Examples:
  maclight keyboard blink -r 3 -f 00 10:0.3 01:0.3
  maclight keyboard blink -r 3 10:0.3 01:0.2 00:0.1 11:0.2 00:0.07 11:0.07
00:0.07

Parameters:
  </sequence><sequence> - Space-delimited sequence; CN:T CN:T ..
               C = capslock value, N = numlock value, T = time in seconds

Options:
     --fin, -f <s>:   Set this state after sequence has finished (CN)
  --repeat, -r <i>:   Repetitions (default: 0)
     --verbose, -v:   Print state of capslock, numlock
         --version:   Print version and exit
        --help, -h:   Show this message

例えばこんな感じで打ちます。

$ maclight keyboard blink -r 3 -f 00 10:0.3 01:0.3

さらにライブラリとして読み込んでAPIを使うこともできます。

#!/usr/bin/env ruby

require 'maclight'

# Turn both LEDs on
MacLight.capslock(true)
MacLight.numlock(true)

sleep 2

# Turn both LEDs off
MacLight.capslock(false)
MacLight.numlock(false)

操作できるのはCaps LockとNum Lockになります。有効にしている間は大文字になってしまうかと思います。タッチタイピングのみという方は気づきづらいかも知れませんが、光らせることでこれまでと違ったCaps Lockの使い方が見えてきそうです。

MacLightはMac OSX用のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

busyloop/maclight

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2