ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

秘密のメッセージを送る際に、どうしたら手軽で、かつセキュアに保てるでしょうか。長いURLを生成する方法もありますが、URLが漏れてしまえば終わりです。かといって面倒な手順を踏ませるのは元々の手軽に共有という点において問題があります。

手軽とセキュア、そのバランスを取ったソフトウェアがSharelockになります。専用クライアントもあるところが売りです。

Sharelockの使い方

こちらが作成ページ。秘密のメッセージと誰がアクセスできるのかをメールアドレスで指定します。
こちらが作成ページ。秘密のメッセージと誰がアクセスできるのかをメールアドレスで指定します。

こんな感じでURLが生成されます。
こんな感じでURLが生成されます。

URLを受け取った人はクリックします。そうすると認証ページが表示されます。
URLを受け取った人はクリックします。そうすると認証ページが表示されます。

メールアドレスが指定されたものと合っていれば秘密のメッセージが表示されます。
メールアドレスが指定されたものと合っていれば秘密のメッセージが表示されます。

Mac OSX/Android向けのクライアントも用意されています。メニューバーからSharelock向けにメッセージが作れます。
Mac OSX/Android向けのクライアントも用意されています。メニューバーからSharelock向けにメッセージが作れます。

Sharelockは予め特定のメールアドレスの人しかアクセスできないようにしている点が特徴です。かつ認証は外部のソーシャルサービスのみになっています。FacebookやGoogleで2段階認証におけば安全と言えるでしょう。

Sharelockはnode/JavaScript製、MIT Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。

Sharelock

auth0/sharelock

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2