ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

SlideShareに勉強会などで使った資料をアップロードしている方はたくさんいます。中にはダウンロードして使いたい資料もあるでしょう。

しかしSlideShareではパーミッションを設定することでダウンロード不可に指定ができます。それでも資料が欲しい!という方はSldnを使ってみましょう。

Sldnの使い方

インストールはRubygemsで行います。

$ gem install sldn

後は引数にSlideShareのURLを渡すだけです。

$ sldn http://www.slideshare.net/AsialCorp/html5-43882851
I, [2015-03-09T14:57:24.889620 #17079]  INFO -- : Open Url: http://www.slideshare.net/AsialCorp/html5-43882851
I, [2015-03-09T14:57:27.183984 #17079]  INFO -- : Download Image: http://image.slidesharecdn.com/html5-150125175719-conversion-gate02/95/slide-1-1024.jpg
I, [2015-03-09T14:57:27.660450 #17079]  INFO -- : Download Image: http://image.slidesharecdn.com/html5-150125175719-conversion-gate02/95/slide-2-1024.jpg
I, [2015-03-09T14:57:28.404077 #17079]  INFO -- : Download Image: http://image.slidesharecdn.com/html5-150125175719-conversion-gate02/95/slide-3-1024.jpg
I, [2015-03-09T14:57:28.966163 #17079]  INFO -- : Download Image: http://image.slidesharecdn.com/html5-150125175719-conversion-gate02/95/slide-4-1024.jpg
  :

こんな感じに画像のダウンロードが行われ、すべてが終わると結合してPDFになります。

画像でダウンロードしていることからも分かる通り、結果としてPDFにはなるものの、透明テキストはなくなっています。そのためテキスト検索はできませんのでご注意ください。それでも資料を見たい、という時には便利です。

SldnはRuby製、MIT Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。

tigberd/sldn

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2