ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

これはMac OSXユーザであれば必携のツールになるのではないでしょうか。Mac OSXでファイルの保存先、開く先を変更する際にFinder側にあるファイルをドロップするという方法があります。これをよく使う人は多いでしょう。

しかしドロップすると保存ファイル名まで書き換わってしまって逆に面倒なこともあります。そこで使ってみたいのがLocatです。

Locatの使い方

LocatはSIMBLプラグインになっています。EasySIMBLなどを使ってインストールできます。

後はFinder側でOption + Returnを押すと選択している項目をOpen/Saveダイアログに反映します。Shift + Returnはファイル名は反映せず、場所だけ移動します。ファイルをドロップせず、キーボードショートカットだけでできるのが便利です。

実際のデモ動画はこちら。

日々よく行う操作を手軽にしてくれると生産性の向上に大いに役立つことでしょう。ファイルをドロップしてSave/Openダイアログのパスを移動させることが多い人はぜひ使ってみてください。

LocatはMac OSXのオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

hetima/Locat

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2