ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

システム開発を何の依存性もなく行うのは難しく、かつ余計な手間を増やすだけになっています。既にある多くのライブラリを組み合わせる方が効率的、かつ利用する人にとってもメリットが大きいと言えます。

その反面、利用するライブラリが増加し、一体どんなコードを使っているのか分かりづらくなります。そこで使ってみたいのがGitHub Linker、GitHub上のnode.jsライブラリをリンクしてくれるGoogle Chrome機能拡張です。

GitHub Linkerの使い方

GitHub LinkerはChrome ウェブストアでインストールできます。そしてインストールしたら、GitHubでnodeライブラリ系のプロジェクトを見てみましょう。

そうするとこのようにライブラリがクリッカブルになります。

クリックすると、そのライブラリのGitHubプロジェクトにジャンプします。node系ライブラリの殆どがGitHub上で管理されているからこそできる技と言えそうです。ソースを追いかけるのがとても楽になり、全体像を把握するのが容易になります。

GitHub LinkerはGoogle Chrome用のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

GitHub Linker - Chrome ウェブストア

github-linker/chrome-extension

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2