ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Eコマースで必須の機能と言えば決済です。その決済手段も昔であればクレジットカード、銀行振り込み、代引きくらいだったかも知れませんが、今では場合によってはBitCoinを使う場合もあるかも知れません。

そんな多彩になっている決済に関する各種アイコンをWeb Font化したのがPaymentFontです。PaymentFontさえあれば決済周りのデザインが簡単になりそうです。

PaymentFontの使い方

PaymentFontの一覧は次のようになります。BitCoinにApple Pay、Amazonもあります。

通貨の単位もあります。

円もありますし、PayPalも用意されています。

日本だとなじみのない決済アイコンもありますが、海外対応する中では大事になるかも知れません。

PaymentFontはWeb Fontで、合字ではないので一色の表現なのがちょっと残念かも知れません。しかしWebサイト以外でも白黒で書いてある文書で使ったりすることもできますし、フラットなUIであればあまり多色であるよりもPaymentFontのがマッチするかも知れません。

PaymentFontはOpen Font Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。

PaymentFont — A sleek Payment Webfont

vendocrat/PaymentFont

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2