ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

React Nativeによって、例えばサーバサイドをnodeで書けばアプリもサーバサイドも、さらにWebブラウザまで全てJavaScriptで書けるようになります。まさにlearn once, write anywhereの考えです。

しかしそのためにサーバサイドをnodeに書き換える、はたまた覚えるのは面倒と思う人もいるかも知れません。そこでReact NativeをRubyで実装してしまうのがOpal Nativeです。

Opal Nativeの使い方

OpalはRubyの文法でJavaScriptを書くことができるソフトウェアになります。それを使ってReact Nativeを記述するということです。例えばこんな感じになります。


require "opal"

require "react"

require "react/native"





class App

  include React::NativeComponent



  before_mount do

    puts "Hello!"

  end



  def render

    styles = React::StyleSheet.new({

      container: {

        flex: 1,

        justifyContent: 'center',

        alignItems: 'center',

        backgroundColor: '#F5FCFF',

      },

      welcome: {

        fontSize: 20,

        textAlign: 'center',

        margin: 10,

      },

      instructions: {

        textAlign: 'center',

        color: '#333333',

        marginBottom: 5,

      },

    })



    present(View, {style: styles.container}) do

       present(Text, {style: styles.welcome}) { "Welcome to React Native!
 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2