ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

3Dで作品を作るというのはとても敷居が高いように感じられます。ものを三次元的に捉えないといけないですし、二次元のコンピュータの中で三次元を描くのはとても面倒なイメージがあります。

そんな大変さを軽減してくれるのがTeddy.js/PaintUpです。Teddyは誰でも簡単に三次元モデルを作れるソフトウェアで、Teddy.jsはそのJavaScript版となっており、PaintUpはTeddy.jsを使ったWebブラウザベースの三次元ペイントソフトウェアになります。

Teddy.js/PaintUpの使い方

例えばこんな感じに絵を描きます。

そして輪郭を描きます。絵を描く前に輪郭を描いた方が良さそうです。

そうすると、どどんとオブジェクトが出来上がります。

回転だってできます。

メッシュ構造にすることもできます。ちょっと不気味?

メッシュ構造でも回転させられます。

Teddy.js/PaintUpは輪郭を描く機能と、そこでできあがったオブジェクトに対して絵を施すところと2つの機能が提供されています。できあがったオブジェクトはSTLなどの形式でダウンロードできます。このまま外部の3Dプリントサービスで造形もできるでしょう。

Teddy.js/PaintUpはHTML5/JavaScript製のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。

PaintUp

technohippy/teddyjs

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2