ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

セミナーや勉強会で登壇した際にはスライドをSlideshareにアップロードしています。人によってはSpeakDeckにアップロードしている人もいるでしょう。ポートフォリオとしても役立ちますし、コンテンツマーケティングの一つにも使われています。

そんなスライド共有サイトを自分でも持ちたいと思ったらOpenSlideshareを使ってみてはいかがでしょう。他サービスにアップロードしない分、ブランディングを構築するのに良いかもしれません。

OpenSlideshareの使い方

OpenSlideshareのトップページです。アップロードしたスライドが一覧表示されます。

スライド詳細。スライドの切り替え、ダウンロードなどができます。

埋め込み用コードを取得することができます。

新しくユーザ登録します。

スライドのアップロードができるようになります。

OpenSlideshareが対応しているのはPPTXとPDFになります。PDFが使えれば大抵のスライドは問題ないと言えるでしょう。データはAmazon S3にアップロードされる仕組みになっています。

OpenSlideshareはPHP製、MIT Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。

OpenSlideshare: すべてのスライド

ryuzee/open-slideshare

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2