ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

WYSIWYGエディタは多数ありますが、基本HTMLを作成するためのツールです。HTMLに不慣れな非エンジニアにとっては便利ですが、ある程度技術力がある人にとってはツールの使い勝手によってストレスが感じられるでしょう。

今回は次世代的なWYSIWYGとも言えるProseMirrorを紹介します。記法はMarkdown、描画はHTMLというソフトウェアです。

ProseMirrorの使い方

こちらがProseMirrorの画面です。HTMLが描画されていますが、記法としてはMarkdownが使えます。

リンクなどは別途ツールが表示されて、そこでURLを入力できます。

画像の埋め込み表示にも対応しています。

ツールバーではなくツールチップモードも用意されています。

メニューから機能を辿ることもできます。

ProseMirrorは元々CodeMirrorと呼ばれるWYSIWYGエディタを作っていた開発者によるものなので、見た目や使い勝手の完成度が高いです。Markdownエディタでよくありがちな2画面表示(センターで2ペインに分かれているのとは違うソフトウェアです。

ProseMirrorはJavaScript製のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。

ProseMirror

ProseMirror/prosemirror

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2