ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

GitHubで楽しい機能の一つが各開発者ごとに作られるプロフィールページではないでしょうか。アクティビティグラフを緑で覆い尽くしたくなったり、自分が最近どういった言語に今トリビュートしているのかもグラフで見られます。

そんなステータスページをターミナル上で見られるようにするのがgithub-statsです。

github-statsの使い方

github-statsはnpmでインストールができます。

$ npm install -g github-stats

後はgithub-statsコマンドに続けてユーザ名を指定するだけです。

まずい…最近全然アクティブになっていないですね。といった所も分かるようになるので、この結果を毎日実行して差分を記録しておいても面白いかも知れません。もちろん自分だけでなく他のユーザの活動もチェックできます。

$ github-stats 
Usage: github-stats [options]

Options:
  -u, --user <user>        The GitHub user to get stats about.               
  -r, --repo <repository>  The full repository name.                         
  -n, --no-ansi            Disable ansi styles.                              
  -l, --light              Use the light theme.                              
  -c, --calendar           Show the calendar.                                
  --user-stats, --us       Display user stats.                               
  --repo-stats, --rs       Display repository stats.                         
  -t, --token <token>      GitHub access token to access private resources or
                           to increase the rate limit.                       
  -h, --help               Displays this help.                               
  -v, --version            Displays version information.                     

Examples:
  gh-stats -u IonicaBizau -r gh-stats --us --rs -c # Show everything
  gh-stats -u IonicaBizau # Show the calendar
  gh-stats -r IonicaBizau/git-stats # Repository stats

Documentation can be found at https://github.com/IonicaBizau/gh-stats

リポジトリの指定もできますので、特定のプロジェクトのステータスチェックも面白そうです。

github-statsはnode/JavaScript製のソフトウェア(ライセンスはKINDLY License)です。

IonicaBizau/github-stats

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2