ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

WebVRの普及によって、これまでのWeb体験よりも没入感の強いコンテンツが生まれようとしています。かつてインターネットで見られた疑似3D的な空間が再度注目を浴びはじめています。

今回紹介するのは名前が何ともな気がしますが、Internet Explorerを紹介します。WebVRを使って3D空間を描画したインターネット体感サイトです。

Internet Explorerの使い方

トップページです。タイルが並んでいます。一つ一つが別なコンテンツになっています。

矢印キーで移動したり、ジャンプすることもできます。視点変更はマウスで行います。

実際に動かしているところです。ぐりぐり移動できます。

Internet Explorer は写真やテキスト、動画などのコンテンツを楽しめるようになっています。映画などでよくある仮想空間の中でインターネットを歩き回るといった体感ができるようになりそうです。

Internet ExplorerはHTML5/JavaScript製のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。

Internet Explorer

mrspeaker/InternetExplorer

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2