ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

インターネットで収益を上げる方法として有力なのが広告です。そんな広告システムは毎秒数千、数万とも言えるリクエストを処理しており、アドテックは一つのジャンルとして確立するくらい洗練された技術が使われています。

今回はそんな広告を表示する処理部分について、JavaScriptで処理を行うというPrebid.jsを紹介します。

Prebid.jsの使い方

デモです。左側に表示されているのが広告です。

リロードすると別な広告が表示されます。

Prebid.jsが対応しているのは下記の広告システムです。ほぼ英語圏のものでしょう。

  • AOL

  • AppNexus

  • Index

  • OpenX

  • Pubmatic

  • Rubicon

  • Sovrn

  • Yieldbot

  • PulsePoint

  • Adform

  • bRealTime

  • SpringServe

  • TripleLift

  • NginAd

これらの広告システムからクリック単価ごとの金額を収集し、最も高いものを表示するようになっています。すべてが平行実行される仕組みなので、高速に表示できるようになっています。クライアントサイドで処理できるというのがポイントでしょう。

Prebid.jsはJavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(Apache License 2.0)です。

Prebid.js - Header Bidding Made Easy

prebid/Prebid.js: Setup and manage header bidding advertising partners without writing code or confusing line items. Prebid.js is open source and free.

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2