ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

CMSというとWYSIWYGを使ってコンテンツを作成していくイメージがあります。その際に使うのはキーボードがメインで、入力していくというイメージです。そんな概念を壊してくれそうなCMSが現れました。

PHP製のCMS、Sitecakeなのですがコンテンツをドラッグ&ドロップで作っていく、そんな新しいコンセプトのCMSです。

Sitecakeの使い方

まず認証を行います。

ログインするとツールバーが表示されます。これはドラッグで移動できます。

テキストを選択するとリンク入力状態になります。

テキストコンテンツの編集はキーボードです。

ここからドラッグ&ドロップです。画像の入れ替えをします。

面白いのは外部サイトの画像をそのままドラッグ&ドロップして埋め込める点です。

動画もドラッグ&ドロップできます。YouTubeなどのURLを検知して埋め込み表示にしています。

地図もGoogleマップのURLをドロップするだけです。

Sitecakeでは画像のリサイズもマウスでできたり、より直感に近いUXでコンテンツが作れるようになっています。画像を埋め込もうと思ったら、URLを指定するダイアログが出たりするとげんなりしてしまいます。Sitecakeの方法はよりスマートと言えるでしょう。

SitecakeはPHP製、GPLのオープンソース・ソフトウェアです。

Simple CMS For Simple Websites

sitecake/sitecake: Drag & drop website editor.

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2