ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

機能が豊富なテキストエディタにはファイルマネージャ機能がついてきます。普段からテキストエディタを使っているプログラマーにすると、そのファイルマネージャの操作に慣れ親しんでいることもあって、他のソフトウェアでも同じようにファイル操作したくなります。

今回はVIMに慣れている方に使ってみて欲しい、rangerを紹介します。VIMにインスパイアされたファイルマネージャです。

rangerの使い方

使っているところです。3ペイン構成になっています。左から、フォルダの一覧、ファイル一覧そしてファイルビューワーとなっています。

テキスト系ファイルはコンテンツが見られます。

rangerがVim風なのかはVimユーザにお任せするとして、機能としてはUTF-8のサポート、マルチカラム、基本的なファイル操作、Vim風のキーバインド、タブ、ブックマーク、マウス操作がサポートされています。

rangerはPython製のオープンソース・ソフトウェア(GPL v3)です。

ranger/ranger: A VIM-inspired filemanager for the console

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2