macOSを操作していてあるあるなのが、間違ってコマンド + Qを推してしまってアプリが終了してしまうと言うことです。保存していないコンテンツが全部消えてしまったり、ブラウジング中だったタブもすべてリセットされてしまったりします。

そこで使ってみたいのがSlow Quit Appsです。アプリの終了をほんの少しだけ遅らせてくれます。

Slow Quit Appsの使い方

実際に使っているところです。コマンド + Qを押し続けるとインジケータが上がっていきます。

Slow Quit Appsでは一回コマンド + Qを教えてもアプリケーションは終了しません。押し続けてインジケータがいっぱいになると終了します。途中で離すと元に戻ります。これで誤ったアプリケーション終了を回避できるでしょう。

Slow Quit AppsはmacOS用のオープンソース・ソフトウェア(GPL)です。

dteoh/SlowQuitApps: Add a global delay to Command-Q to stop accidental app quits.

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2