ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Webブラウザのテキストエリアでの文字入力というのは非常にストレスがかかります。普段使っているプログラミングエディタと全く異なり、殆ど機能がありません。メモ帳レベルの機能しかありません。これで長文を書いて欲しいと言われたらがっくりしてしまうでしょう。

そこで使ってみたいのがThat's Textです。Safariのテキストエリアを外部エディタで編集できるようにする機能拡張です。

That's Textの使い方

利用する際にはAutomatorを使って最終的にキーボードショートカットを設定します。

文章を書きます。

あらかじめ決めたショートカットキーを入力するとテキストエディタが立ち上がり、そこで編集できるようになります。

編集が終わると、その内容がテキストエリアに反映されます。

That's Textに似たソフトウェアは各ブラウザ向けにあります。その意味においてはThat's Textは他のものに比べると安定性が低いように感じます。テキストエリアの文字をすべて選択してコピーし、テンポラリの文書に貼り付けると言った仕組みになっているようです。安定性が増してくると便利に使えそうです。

That's TextはSafari用のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

mephistobooks/thats_text: That's Text: Safariでテキスト編集に外部エディタを使う

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2