ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

iOSのSafariで表示したWebサイトをデバッグしようと思うとSafariが使われます。Safariの開発者ツールも使い勝手は悪くありませんが、Google Chromeのに慣れている方も多いでしょう。また、Visual Studio Codeのデバッグ機能と組み合わせたいと考える方もいるでしょう。

そうした方にお勧めなのがRemoteDebug iOS WebKit Adapterです。SafariやWebViewでのWebサイトデバッグに使えるソフトウェアです。

RemoteDebug iOS WebKit Adapterの使い方

RemoteDebug iOS WebKit Adapterを立ち上げておくと、Google Chromeの開発者ツールでiOSのWebサイトが表示されるようになります。

後は通常の開発者ツールとして使えます。なおiOSはSafariで使うのと同じようにUSB接続している必要があります。RemoteDebug iOS WebKit AdapterはGoogle Chromeの他、Visual Studio CodeやFirefoxのデバッガーを指定します。

RemoteDebug iOS WebKit AdapterはTypeScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

RemoteDebug/remotedebug-ios-webkit-adapter: Debug Safari and WebViews on iOS from tools like VS Code, Chrome DevTools, Mozilla Debugger.html

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2