ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

企業などで品質を標準化するためにはフォーマットをチーム内で合わせる必要があります。個々人の書いたコードを目でチェックするのはとても大変です。そこで使えるのがLintツールになります。

今回紹介するmarkuplintはHTMLやWeb Componentなど様々なマークアップをチェックするソフトウェアです。

markuplintの使い方

markuplintは設定ファイルを作成し、ターゲットになるHTMLファイルを指定して実行します。

$ markuplint -r ~/.markuplintrc index.html 
<markuplint> warning: インデントは2幅スペースにしてください。 (indentation) [/index.html:102:1]
      101: ••••••••••••••••••<ul •class="dropdown-menu">
      102:  •••••••••••••••••••<li •class="mg-no-login"><a •href="/accounts/new"><i •class="icon-user"></i>•新規登録</a></li>

あらかじめ多様なルールが用意されていますので、後はルールのパラメータを指定するだけで使えます。HTMLだけでなくWeb Components/SVG/MathML/AMPなど様々なマークアップに使えます。基本はHTMLになりますが、そこから派生した各種マークアップでも使えるので各自インストールしておくと品質が上がりそうです。

markuplintはnode/JavaScriptのオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

YusukeHirao/markuplint: HTML linter for legacy/modern HTML, Web Components, SVG, MathML, AMP HTML and more.

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2