ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

HTML5になって動画の再生ができるようになっていますが、デフォルトの機能は多くありません。足りない機能はJavaScriptを駆使して実装する必要があります。しかし自分のサイトではできても、外部サービスではどうしたら良いでしょうか。

そこで参考になるのがVideo Speed Controllerです。Google Chromeとして提供され、動画の速度を変更できます。

Video Speed Controllerの使い方

動画の左上に表示されているのがVideo Speed Controllerです。動画の再生速度を細かく調整できます。

動画再生中
動画再生中

4.3倍なんて速度にも。

調整後
調整後

動画はオンラインで配信されていますので、あまり速くしすぎるとバッファが間に合わずに止まってしまうので注意してください。YouTubeでは動画の再生速度が調整できますが、それ以上に速くすることもできます。動画を素早く見たい、逆にゆっくりにしてじっくり見たいなどニーズに合わせてどうぞ。

Video Speed ControllerはGoogle Chrome用のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

Video Speed Controller - Chrome ウェブストア

igrigorik/videospeed: HTML5 video speed controller (for Google Chrome)

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2