ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Gitリポジトリの情報をWeb上で見たいと思った時にはGitoriusであったりGitLab、GitHubなどを使うでしょう。突然大事になってしまって、セットアップするのも面倒です。

そこで使ってみたいのがGit WebUIです。ローカルで使うためのGitリポジトリブラウザです。

Git WebUIの使い方

Git WebUIはインストールすると

git webui
で使えます。

最初はログが表示されます。

変更したファイルが分かりやすく確認できます。

閲覧だけでなく、現在ワークスペース上で変更、追加などされているファイルを確認できます。

コミットもできます。

日本語も使えますし、差分でも文字化けしません。

Git WebUIが便利なのはローカルのGitリポジトリでコマンドを入力するだけという手軽さでしょう。さらにコミットもできるのが便利です。リモートのリポジトリを閲覧したり、タグの確認もできるなど便利なソフトウェアです。

Git WebUIはnode/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(Apache Licnese 2.0)です。

alberthier/git-webui: A standalone local web based user interface for git repositories

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2