ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Webサイトで開発者ツールを使って操作を行うことはよくあります。そんな時、外部のライブラリを読み込んだりするのもよくあることです。しかし再読込する度にリセットされてしまい、面倒だと思うことでしょう。

そこで使ってみたいのがScriptAutoRunnerです。Webサイトごとに読み込ませるライブラリ、JavaScriptコードを指定できます。

ScriptAutoRunnerの使い方

設定画面です。JavaScriptコードまたはURLを指定します。

例えばこんな感じです。

余計なエラーが出てしまって分かりづらいですが、

console.log(true)
が反映されています。

ScriptAutoRunnerを使えば特定のサイトごとにJavaScriptを読み込ませることができます。Greasemonkey風ですが、外部のJavaScriptライブラリも読めるのが利点でしょう。元サイトは一切変更せずにライブラリを追加してデバッグしやすくなるのは便利です。

ScriptAutoRunnerはメニューアイコンから実行するコードを別途指定できます。デバッグ時にだけ実行すると言った使い方も可能です。

ScriptAutoRunnerはGoogle Chrome用のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

ScriptAutoRunner - Chrome ウェブストア

nakajmg/ScriptAutoRunner: Injects to any Script into a Website. It can be autorun as well.

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2