ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

開発中、利用するツールは少ない方が良いでしょう。様々なツールを使い分けていると、ついつい漏れが発生したり、集中力が切れてしまいがちです。集中するためにはツールも集中させるべきです。

今回紹介するtlogはGitリポジトリを使ってタイムトラッキングを行うソフトウェアです。

tlogの使い方

最初にログを作ります。

$ tlog create example

そしてチェックアウトします。

$ tlog checkout example

startでタスクを開始します。これで自動的に作業時間が計測されます。

$ tlog start -d "タスクです"

displayを使うと現在のタスクが確認できます。

$ tlog display
Log:    example
State:  open
Points: 0
Owner:  atsushi
    Start               End                    Duration          Description
    May 14, 04:55PM                         0:00:35         タスクです
----------------------------------------------------------------------------------------------------
    Total                                      0:00:35 

作業が終わったらステータスをCLOSEDにします。一度に一つの作業しかできないようです。

$ tlog state CLOSED

終了したタスクはいつでも振り返れます。

$ tlog display
Log:    example
State:  CLOSED
Points: 0
Owner:  atsushi
    Start               End                    Duration          Description
    May 14, 04:55PM                         0:01:36         タスクです
----------------------------------------------------------------------------------------------------
    Total                                      0:01:36 

tlogは時間管理のログをGitリポジトリ上に残します。ブランチの一つなので、そのまま他の開発者と共有することもできます。タイムトラッキングだけを提供するサービスなどもありますが、tlogを使うことで開発効率や生産性を考える上で大事な時間管理データをGit上にまとめて残せるようになります。

tlogはRuby製のオープンソース・ソフトウェア(GPL)です。

CEWendel/tlog: git-based tool for tracking engineering time and tasks

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2