ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

スマートフォンやタブレットによって高解像度なディスプレイが普及しています。そのため、画像などのバイナリのファイルは高解像度向けにサイズの大きなファイルを用意せざるを得ず、ネットワークの負荷増大につながっています。

そこで使ってみたいのがlogo.svgです。テキストベースの簡易的なロゴをSVGで生成してくれます。

logo.svgの使い方

logo.svgは例えば以下のようにコマンドを打ちます。

logo -Odo -l MOONGIFT ./logo/logo.svg

生成されたSVGです。

フォントを指定できます。

ドットで作られた形もあります。

SVGであれば画像の代わりに使うことで、解像度に合わせた最適な表示になってくれます。サイズも小さいのが利点です。きちんとしたロゴはIllustratorなどを使って作る必要がありそうですが、logo.svgでも最初は十分ではないでしょうか。

logo.svgはnode/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

bubkoo/logo.svg: Generate a svg logo, then you can embed it in you README.

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2