ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

動画配信サイトの多くがHTML5化しています。これまでのFlashではユーザが操作できることは殆どなく、公式に提供されるものをそのまま使うほかありませんでした。しかしvideoタグであれば話は別です。

今回紹介するHTML5 Speedy Video Extensionは動画の速度を変更できるブラウザ機能拡張です。

HTML5 Speedy Video Extensionの使い方

対応しているサイトでは動画の下に速度変更用の矢印が追加されます。

速度は自由に変更できますが、4倍などにすると何を言っているかは分からないです。

YouTubeなどは速度を2倍まで変更できますが、HTML5 Speedy Video Extensionであればそれ以上の速度にも変更できます。さらにVimeoやNetflixなどのサイトにも対応しています。ストリーミング配信のサイトは動画速度の変更に対応していないことが多いので、これは嬉しい機能です。キーボードショートカットにも対応しているので、覚えてしまえばいつでも自由に動画の速度が変更できます。

HTML5 Speedy Video ExtensionはGoogle Chrome/Safari用のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

ricardobcl/HTML5-Speedy-Video-Extension: This extension adds fine-grained playback speed control on HTML5 videos.

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2