ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

EmacsはLinux標準で入っていないエディタであり、いつも追加でインストールしなければなりません。自分の環境であれば自由ですが、顧客や預かっているサーバの場合はそんな勝手には入れられないでしょう。

そこで使ってみたいのがgemacsです。Goで作られた、ポータビリティも意識したEmacsクローンです。

gemacsの使い方

起動したところです。Emacsのキーバインドが普通に使えます。

gemacsがどれだけEmacsと同じかは分かりませんが、普段使っているようなキーバインドは網羅されているようです。UIもEmacsそのものであり、違和感は感じないでしょう。そしてGoで作られたバイナリなのでクロスプラットフォームで動き、USBメモリなどを使った可搬性の高さが便利なポイントです。

gemacsはGo製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

glycerine/gemacs: A lightweight emacs written in pure Go. Uses https://github.com/gdamore/tcell for portability. Derived from go editor

godit
. Your next terminal based editor. Windows/OSX/Linux binaries: https://github.com/glycerine/gemacs/releases

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2