ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

WindowsやmacOSなどGUIを持ったOSにおいて、ウィンドウは最も基本的な機能の一つです。ウィンドウを並べて表示したり、右上や左下など自分が配置したい場所に置く際、ちょっとしたずれが気になったりします。便利な反面、ストレスに感じることも多いでしょう。

そこで使ってみたいのがSmartSystemMenuです。ウィンドウの配置や大きさ、透明度などを簡単に設定できるソフトウェアです。

SmartSystemMenuの使い方

ウィンドウの左上をクリックするとメニューが追加されているのが分かります。

透明度を設定した場合です。

システムトレイに格納もできます。

SmartSystemMenuではウィンドウを常に前面表示、ウィンドウのスクリーンショット保存、リサイズ、配置指定、透明度設定、実行プライオリティ指定、システムトレイへの格納が指定できます。ウィンドウにおける殆どの操作ができますのでSmartSystemMenuを入れておくと便利そうです。

SmartSystemMenuはWindows用のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。

AlexanderPro/SmartSystemMenu: SmartSystemMenu extends system menu of all windows in the system

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2