ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

インターネットが高速化され、それ以上に大きなサイズのファイルが送受信されるようになっています。IDEなどダウンロードしようと思ったら5GBくらいあることも多いですし、動画など、数十GBあることも普通です。

そんな中だからこそ使ってみたいダウンローダーがGrozillaです。並行処理でダウンロードを高速化します。

Grozillaの使い方

GrozillaはURLを指定するだけでダウンロードを開始します。並列で一気に行うので高速です。

$ grozilla http://ftp.jaist.ac.jp/pub/raspberrypi/raspbian/images/raspbian-2018-11-15/2018-11-13-raspbian-stretch.zip
Connection 1  1.86 MiB / 103.46 MiB [>--------------------]   1.80% 360.60 KiB/s
Connection 2  1.80 MiB / 103.46 MiB [>--------------------]   1.74% 348.78 KiB/s
Connection 3  1.77 MiB / 103.46 MiB [>--------------------]   1.71% 342.87 KiB/s
Connection 4  1.77 MiB / 103.46 MiB [>--------------------]   1.71% 342.87 KiB/s
Connection 5  1.40 MiB / 103.46 MiB [>--------------------]   1.36% 271.93 KiB/s
Total  18.10 MiB / 1.01 GiB [>------------------------------]   1.75% 3.42 MiB/s

ダウンロードはリジュームに対応しており、一旦接続が切れても再開できるようになっています。巨大なファイルをダウンロード中に無線LANが切れてやり直し…なんて悲惨な目には遭わずに済みます。なお、あまり多重化するとサーバ側の不可が大きくなります。迷惑をかけないよう、適度な並列処理にしておきましょう。

GrozillaはGo製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

prashant-agarwala/grozilla: A parallel downloader with resume capability

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2