ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Webサイトのアクセス解析にGoogle Analyticsを使っている人は多いでしょう。そんな時、Googleから指定されたスクリプトをそのまま使っている人も多いはずです。しかし、あのスクリプトには殆ど使われない機能もたくさんあります。

そこで使ってみたいのがga-liteです。軽量版のGoogle Analyticsクライアントです。

ga-liteの使い方

自分のサーバに配置しても良いですが、以下のスクリプトでも使えます。

<script>
(function(e,t,n,i,s,a,c){e[n]=e[n]||function(){(e[n].q=e[n].q||[]).push(arguments)}
;a=t.createElement(i);c=t.getElementsByTagName(i)[0];a.async=true;a.src=s
;c.parentNode.insertBefore(a,c)
})(window,document,"galite","script","https://cdn.jsdelivr.net/npm/ga-lite@2/dist/ga-lite.min.js");

galite('create', 'UA-XXXXXXXX-X', 'auto');
galite('send', 'pageview');
</script>

ga-liteは本家のものに対してサイズが約1/4、キャッシュも可能、Do not track対応といった特徴があります。npmで配布されているので他のJavaScriptライブラリと一緒にバンドルしてネットワークアクセス数を減らせます。大抵の場合はga-liteで事足りることでしょう。

ga-liteはJavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

jehna/ga-lite: Small, cacheable and open version of Google Analytics JS client

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2