ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

LinuxやmacOSではホームディレクトリの下に設定ファイルが置かれます。定期的にアップデートされていたりして、バックアップも取っておく必要があるでしょう。また、複数の端末で設定を共有したいと言うニーズもあるはずです。

そこで使ってみたいのがMackupです。設定ファイル(ドットファイル)をバックアップしてくれるソフトウェアです。

Mackupの使い方

Mackupを実行します。デフォルトでDropboxのディレクトリ内にバックアップしようとします。Google DriveやBox、iCloudなども利用できます。

$ mackup backup
Mackup needs a directory to store your configuration files
Do you want to create it now?  <yes |No>Yes
Backing up Library/Preferences/com.agilebits.onepassword4.plist ...
Backing up Library/Application Support/Adobe/CameraRaw ...
Backing up .config/alacritty/alacritty.yml ...
Backing up .ansible ...

Mackupはドットファイルやディレクトリを移動し、そのハードリンクを作成します。ホームディレクトリにはハードリンクのみ、実体ファイルはなくなります。そのためDropboxディレクトリからMackupディレクトリを移動すると問題が発生するので注意してください。後はMackupを定期的に実行するだけでバックアップが自動的に行われます。

MackupはPython製のオープンソース・ソフトウェア(GPL v3)です。

lra/mackup: Keep your application settings in sync (OS X/Linux)

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2