家系図的な表示を使いたい時がたまにあります。組織図であったり、システムのアーキテクチャ、クラス図などでも使えます。そのために専用のソフトウェアを使うのは面倒で、後々のメンテナンスも考えるとプレゼンソフトウェアなどで簡易的に作ってしまったりします。

そんなあなたのためのソフトウェアがfamilytreemakerです。記法に則った書き方で家系図を生成できます。

familytreemakerの使い方

生成された家系図です。

記法です。インデントで繋いでいきます。

# Two lines represent an union:
Louis XIV (M, birthday=1638-09-05, deathday=1715-09-01)
Marie-Thérèse d'Autriche (F)
# Indented lines after the union represent children
    Louis de France (id=Louis1661, M, birthday=1661-11-01, deathday=1711-04-14)
    Marie-Thérèse\nde France (F, surname=la Petite Madame, birthday=1667, deathday=1672)
    Philippe-Charles\nde France (M, surname=Duc d'Anjou, birthday=1668-08-05)

familytreemakerはdotファイルを生成し、実際の図を描画する処理はGraphvizに任せています。デフォルトでは日本語表示に対応していないので、familytreemakerを修正して日本語フォントを指定する必要があるでしょう。

familytreemakerはPython製のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。

adrienverge/familytreemaker: Generates a family tree graph from a simple text file

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2