ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

天気はごくごく基本的な情報になります。スマートフォン、スマートウォッチなどにおいても天気アプリは必ず入っているものです。今日の天気、明日の天気は誰しもが気になるものでしょう。

OculaはPWA(Progressive Web Apps)で作られた天気アプリになります。PWAを学ぶ上でも役立ちそうです。

Oculaの使い方

最初は位置情報の設定が必要です。

HTML5の位置情報、またはテキストで住所指定ができます。

例えば東京とします。

中央区の天気が表示されました。

温度や湿度、日の出と日の入りなど詳細な情報も分かります。

さらに雨雲レーダーも。

OculaはPWAなので、まるでスマートフォンアプリのようにさくさく、スムーズに動きます。ブックマークしておけば天気アプリをインストールする必要もないでしょう。データの更新はできませんが、表示や一通りの操作はオフラインに対応しています。

OculaはHTML5/TypeScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

Ocula

andrewcourtice/ocula: The free and open-source progressive weather app

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2