ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

AirPodsを使っている時、突然バッテリーがなくなって焦った経験はないでしょうか。ケースを使って充電もできますが、それすらバッテリーがないこともあります。普段から充電しておけばいのですが、ついつい忘れてしまいがちです。

もしmacOSとAirPodsを繋いでいるならAirPods Battery Monitor For MAC OSを使ってみましょう。macOSのステータスバーでAirPodsの充電状態が分かります。

AirPods Battery Monitor For MAC OSの使い方

イヤホン左右のバッテリー状態に加えて、ケースのバッテリー残量も分かります。

AirPods Battery Monitor For MAC OSはmacOSとAirPodsが接続されている状態でなければいけません。更新は適宜行われるので、バッテリーが少なくなってきたら充電すればいいだけです。これでバッテリーがなくなってしまう事態を避けられるでしょう。

AirPods Battery Monitor For MAC OSはmacOS用のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

mohamed-arradi/AirpodsBattery-Monitor-For-Mac: Widget: Check your AirPods Pro battery level directly from your Mac status bar

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2