ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

macOSがCatalinaにバージョンアップしました。その結果、数多くのソフトウェアが動作しなくなっています。32bitのソフトウェアが使えなくなり、慌てて代替を探した人もいるでしょう。同様にiTunesやiPhotoといったApple製のソフトウェアも使えなくなっています。Appleは後方互換性を平気でなくすので注意が必要です。

そこで使ってみたいのがRetroactiveです。旧バージョンのソフトウェアをmacOS上で動作させるソフトウェアです。

Retroactiveの使い方

起動しました。ApertureとiPhoto、そしてiTunesがmacOS Catalinaで使えるようになります。

アプリケーション本体は別途用意する必要があるので注意してください。

Retroactiveが対応しているのはこの他、macOS MojaveでXcode 11.4を動作させたり、macOS MojaveとmacOS High SierraでFinal Cut Pro 7、Logic Pro 9そしてKeynote ’09を動作させます。こういったソフトウェアが使えないためにOSアップデートを躊躇している方は試してみてもよさそうです。ただしアプリケーション本体は必要なので、ちゃんとバックアップを取ってから行うべきでしょう。

RetroactiveはmacOS用のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です

cormiertyshawn895/Retroactive: Run Aperture, iPhoto, and iTunes on macOS Catalina. Xcode 11.4 on macOS Mojave. Final Cut Pro 7, Logic Pro 9, and Keynote ’09 on macOS Mojave or macOS High Sierra.

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2