ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

地図好きな人は大勢います。地図を見ているだけで、その街を空想したり、旅している自分を想像できます。さらに最近ではストリートマップや、写真によって、自分が本当にいるかのように感じることだってできるようになりました。

今回紹介するベクトルタイルを用いた3D風地図は、地図の上に3Dオブジェクトを配置し、建物データを描画するデモです。

ベクトルタイルを用いた3D風地図の使い方

東京駅周囲の情報です。建物の高さは厳密ではありません。

写真と合わせるとさらに現実的に。

ダークモード風に。

渋谷駅。データが少し古めかも知れません。

横浜方面もあります。丸いのは横浜球場。

ベクトルタイルを用いた3D風地図では建物の高さは実際のものとは異なるので注意してください。ただ、地図の上に情報があるだけでそれっぽさがぐっと増します。GoogleやAppleでも同様の表示をしていますが、オープンなデータでもここまでできるのが分かってもらえるかと思います。

ベクトルタイルを用いた3D風地図はJavaScript製のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。

3D like building map

gsi-cyberjapan/gsivectortile-3d-like-building: ベクトルタイルを用いた3D風地図

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2