ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

先日、USA.cssを紹介しました。何となくアメリカっぽい雰囲気にしてくれるCSSです。国旗もそうですが、カラーリングやその形で何となくその国を表現できるというのは面白いです。見た時に、ああアメリカっぽいなと思えたりします。

今回はその第二弾。場所はインド、名前はMade In India CSSです。

Made In India CSSの使い方

この時点ですでにインドっぽいです。

この四色がインド風な色合いということですね。

この網目模様、インドっぽい。

こういう形もそれっぽい。

波模様すらインドっぽく見えてきました。

インディアフラワーということは、たぶんインドの人たちには分かる形状なのでしょう。

Made In India CSSを使えばどんなWebサイトでもインド風に装飾できるようになりそうです。ヨガのサイトや旅行会社のサイトなどに使ってみてもよさそうです。インドのコミュニティなどでも使えそうです。同様のスタイルシートは他にも各国版が出てきそうです。

Made In India CSSはCSS製のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。

Made In India CSS

nishantpainter/made-in-india-css: Tricolor background patterns created using CSS linear and radial gradients.

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2