ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Webブラウザで多数のタブを開いていると、目的のタブにたどり着くことすら難しくなります。小さなアイコンが並んでいる中、どうやって探すのがいいでしょうか。開発時など、エディタで編集してその結果を確認する際に、マウスでいちいち探すのは面倒です。

そこで使ってみたいのがfzf-chrome-active-tabです。Google ChromeのアクティブなタブをCUIで変更できます。

fzf-chrome-active-tabの使い方

実行すると、タブが一覧表示されます。

インクリメンタルな絞り込みもできます。

fzf-chrome-active-tabを実行したら、タブを選択してエンターキーを押すだけです。fzf-chrome-active-tabはfzfというファジーな検索ができるコマンドに依存しており、タブの絞り込みが自由度高く行えます。Visual Studio Codeなどのエディタでターミナルから呼び出すと便利そうです。

fzf-chrome-active-tabはShellスクリプト製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

Rasukarusan/fzf-chrome-active-tab: Fuzzy search and activate Chrome tab via the terminal.

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2